セフレアプリ

セフレアプリで出会った女の子のことが忘れられない。
自分、けっこうそういう遊びしてたの。独身で若かったし。
で、ある時、そのセフレアプリで、すごく素敵な女性に出会ったんだよね。
清楚っていうのか、その人がそこにいるだけで、空気感が変わっちゃうみたいな。
待ち合わせ場所に行ったらさ。たいていああいう待ち合わせ場所ってギャルみたいな子が多いじゃん。
一人だけ、なんて言うのか、柔らかい感じの上品なブラウスで。夏なのに長袖着てたけど、涼しげなフリルとかレースっぽい服で。
なんか、一瞬、空気変わったんだよね。で、はっと思って、俺、フツーにジーパンとシャツだったし。
釣り合わないって思った。
だけど、その子、なんでも面白そうに笑うんだよ。で、なんでも美味しそうに食べるの。
セフレアプリ
好奇心旺盛な子で、デートしてても「あれ、なんですかね」なんてトコトコ歩いていっちゃうような感じ。
一緒にいて新鮮な気持ちになってさ。会って数時間で、まじめに好きになってた。
セフレアプリで出会って、数時間で恋に落ちるとか、ありえないんだけど、そういうことがあったんだ。
なんか、この子とエッチなことをしようとかそういう邪な感じじゃなくて、仕事から帰ってきたら、この子が出迎えてくれたら……みたいな?
もちろん、告白したよ。「セフレアプリで会っただけだけど、ちゃんと正式に付き合ってほしい」って。
だけど、断られた。
「付き合ってみれば分かるって、自分はそんなに悪い男じゃないし、ちゃんと大事にする」って食い下がったんだけど。
「親が決めた婚約者がいるから」って。
まぁ、そうだよな。自分みたいな野良犬と付き合ってくれるわけないかって落ち込んだ。